新宿店でのiphone5s水没修理事例

新宿店でのiphone5s水没修理事例

新宿店でのiphone5s水没修理事例

新宿店ではiphone5sの水没修理が増えています。

夏本番をむかえ、海水浴や川遊びなどでiphoneを水没させてしまうお客様が増えて来ます。

水没し起動しなくなったiphoneからはデータがまったく取り出せません。

なんとか、中のデータだけでも取り出したいという場合は、あきらめずにご相談ください。

水没してしまったら、充電や電源を入れたりしないで、お早目にお持ち込みください。

本日、新宿店に持ち込まれたiphone5s水没修理の事例です。

海水に浸けてしまって電源が入らなくなったという状態。

お客様のご希望は、とにかくデータが取り出せるくらいまでに復旧してくれればOKとのこと。

早速、iphone5sの中を開けてみますと、サビや腐食が出ています。

新宿店でのiphone5s水没修理事例

特にバッテリー周辺が、パッと見でも分かるくらいに腐食しています。

水没の場合、とにかく基板と呼ばれる部分(写真では右側の部分)が助かれば、データは取り出せるようになります。

ですので、まずは基板を取り外して、腐食の除去や修理などを行っていきます。

当店では復旧率を高めたいので、1台に対して3時間~4時間ほどをかけて処置を行っていきます。

時間が長いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに、手法を変えれば1時間程度でもできるのですが、

やはり、しっかり手を加えた作業を行うことが良い結果につながると考えておりますので、当店ではお時間をいただくようにしています。

さて、基板に対する処置が完了したところで、はじめて電源ON。

何度やっても緊張する瞬間です。

新宿店で修理した水没iphone5s

起動しました!

画面液晶に、すこしだけ水の痕が映りますが、操作には問題無し。

ここまで復活すれば、データの取り出しは全く問題ありません。

そして、内部データですが、当店で内容までを確認するわけにはいきませんが、お客様の設定された壁紙やインストールしたアプリが入っていますので、まず問題ないかと思われます。

水没の場合でも、データが全て消えているというケースはあまりなく、

電源さえ入る様になってくれれば、元のままデータは残っているケースがほとんどです。

繰り返しますが、iphoneが水没したら、

充電はしない
電源は入れない

そして、

あきらめない!

ぜひご相談ください。

コメント


認証コード7438

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional