iPhone6Sの水没修理事例

iPhone6Sの水没修理事例|iphone修理屋

iphone6Sの水没修理

新宿店ではiphoneの水没修理に力を入れています。

今回ご依頼いただいたのは水没してしまったiphone6Sです。
状態としては、起動はしているものの、電源ボタンが誤作動しているようで、操作を行っていなくても電源を切る画面が出てくる、また、電源を切っても勝手に起動し始めるといった症状です。

水没したiphone6S

水没というと、まったく電源が入らなくなってしまうことを想像する方も多いと思いますが、今回のiphone6Sの様に、一部の機能だけが損傷したりすることもあります。

誤作動の原因

さて、今回のiphone6Sの誤作動の原因として、内部基板の電源ボタン系統やケーブル、コネクタ類に水分が付着しショートを起こしていることや、ボタンのセンサーが損傷していることが考えられます。

修理作業

内部を全て分解して、浸水の程度や浸水箇所および腐食やショート痕がないかどうか、そして、部品の損傷がないかどうかを確認していきます。

起動はしているiphoneですが、中の水滴がほんの少し動いてしまっただけで、起動しなくなってしまう危険性がありますので、慎重に作業を行っていきます。

このiphone6Sの内部は想像以上に浸水しており、起動しているのが不思議なくらいの状態でした。

水分と腐食を除去する作業を1時間半ほどかけて進めていきます。
並行して部品類の検証も行っていきます。

修理結果

バラバラに分解したiphoneの内部を、いったん仮組立を行い、電源ボタンで起動させてみます。

どれだけの件数を修理しても、この瞬間が最も緊張します。
「起動しなかったらどうしよう・・」などと、不安がよぎります。

結果としては、問題なく起動し、作業前に見られたような症状が解消されています。
その他、カメラや音声系統、電波の入りなど、主要な機能の動作確認を進めていきます。

全てが問題なしと確認されたところで、仮組立だったiphone6Sを元の状態に戻すべく、組立作業を行っていきます。

データはどうなるのか

iphoneが水没した際に多くのお問い合わせをいただくのが、データが消えるかどうかです。

経験から申し上げますと、修理作業後に復活したiphoneで、データが消失していたことはほとんどありません。
水没して起動しなくなったiphoneを修理し、無事に起動したまではよかったが、何故か初期化後の状態であったことが何件かはありました。
しかし、このようなケースは全体数に占める割合としては1%以下と極めてレアなケースであると言えます。

今回ご依頼いただいたiphone6Sも、お客様ご確認の結果、データはそのままの状態でした。

iphoneが水没してしまったら、ぜひとも当店にご相談ください。

iphoneの水没修理はこちらのページもご参照ください>>

コメント


認証コード9711

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional