iPhone6Sの画面に縦線と黒い模様

iPhone6Sの画面に縦線と黒い模様|iphone修理屋

iPhone6Sの画面に縦線と黒い模様

iPhone修理屋新宿本店です。

今回はiPhone6Sの画面に縦線が入り、さらに黒い模様が出てしまった症状の修理事例です。

お持ち込みいただいたiPhone6Sは、画面のガラスが割れ、縦線が入り、黒い模様が出ており、さらにタッチ操作がきかない状態でした。

結論としては、問題なく修理が可能です。

iphone6sの液晶漏れと縦線

修理前の写真の下に黒い模様が出ているのがお分かりでしょうか?

これは液晶漏れが発生している部分です。

液晶は、その文字の通り、液体を使って表示をしています。
液晶パネルが内部で破損し、中の液体が漏れてくると写真のように黒い模様が出てくることがあります。

液体が漏れてくるということは、放っておくと水没してしまうのでは??
という心配もあるかもしれませんが、ご心配なく。
これまでに沢山の液晶漏れiPhoneを修理してきましたが、液晶割れが原因で水没することはゼロです。

ただ、タッチ操作がきかなかったり、液晶漏れをしている部分は表示されないため、通常使用は困難になります。

また、そのまま使用していると、黒い模様がどんどん大きくなり、悪化していく傾向にあります。

お早目に修理することをおすすめいたします。

iPhone6Sの画面修理であれば、所要時間は30分ほどで、料金は14,800円(全て込み)で行っております。
※料金は新宿店の料金です。各店舗毎に料金は異なります。

料金は他の同業他社よりも、多少高いかもしれません。
理由は部材の価格です。
当店の部材は純正品に近い物を選定して使用しています。
iPhoneの修理部材には様々な種類が存在し、純正品に近ければ近いほど価格も高くなります(その逆もまたしかりです)。
質にもこだわって営業を行っておりますので、どうかご理解いただければ幸いです。

もちろん、データはそのままで修理しますので、修理完了後は今まで通りにiPhoneを使用していただけます。

iPhoneの画面修理についてはこちら>>

iPhone6sの画面修理についてはこちらにも事例がございます>>

iphone修理屋新宿本店>>

コメント


認証コード2792

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional