iPhone6Sの画面割れで操作ができない修理

iPhone6Sの画面割れで操作ができない修理事例|iphone修理屋

iPhone6S 画面と液晶割れとタッチ操作できない症状

iPhone修理屋です。

今回はiPhone6Sの画面が割れて線が映り、操作ができなくなってしまった症状の修理事例です。

症状をまとめると、
・画面ガラス割れ
・液晶破損
・タッチパネル破損および誤作動

3つの症状を併発していることになります。

タッチパネルの誤作動も併発していて、誤作動によりパスコードが勝手にタッチされていました。

iPhoneが正しいパスコードを入力するわけもなく、何度も間違えたパスコードを入力していたようで、当店にお持ち込みいただいた時点で「iPhoneは使用できません・・・1分後にやり直してください」の画面表示が見えていました。

さらにパスコードを間違え続けると「iPhoneは使用できません」の表示になり、復活させるためにはiPhoneを初期化しなくてはならない事態に陥ります。

初期化ですのでデータは全て消去されることになります。

誤作動とはいえ、かなり怖い状態です。

画面部品の交換で修理ができますので、早速iPhone6sを分解し、画面を取り除きます。

iphone6sの画面縦線修理

その後、新品の画面に交換して作業は完了しました。

作業時間は約25分ほど。もちろん、データはそのままです。

iPhone6Sの画面修理については、値下げを行っておりますので、ガラス割れと液晶およびタッチパネルの修理全て込みで14,800円(税込)でした。

この料金は新宿店の料金ですので、他の店舗で修理をご希望の場合は核店舗にお問い合わせください。

iPhoneの画面修理についてはこちら>>

iPhone6sの画面修理についてはこちらにも事例がございます>>

iphone修理屋新宿本店>>

コメント


認証コード4148

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional